静岡県富士宮市の「れっどぱーる」では、紅ほっぺを使った商品の販売・直売店・移動販売・いちご摘みも行えます。

紅ほっぺ

富士山の麓、富士宮れっどぱーるが育てる「完熟紅ほっぺ」

「完熟」って?

「完熟」ってラベル、よく果物売場の商品に見かけますね。でも、ほんとに完熟で果物を育てあげること、ほんとにやさしいことではありません。
育つ果物を毎日毎日、よーく見つめていないと茎から落っこちてしまいます。
「れっどぱーる」は、ヘタにジッと目をこらします。「うん、これならいいな」って、見きわめてつみとります。積んだあとからもたいへんです。完熟は痛みやすい。細心の注意でパッケージしてお客様へとお届けできるように支度します。
どうかおいしさがとびっきりのタイミングを逃さずおめしあがりください。

れっどぱーるの、一年

なつ【苗木の育ち】
  • 6月
    6月

    (初旬)5月までで収穫はすべて終ります。収穫を終えて感謝の気持ちを込めて株の切取りをします。やっと気持ちの休まるときです。
    (中旬)ハウスの中、前作の汚れをきれいに取除き掃除します。
    また次のシーズンに向け、1からの出発です。
    (下旬)次シーズンの「親株」を植えます。

  • 7月
    7月

    (初旬)「つる」を伸ばします。
    (中下旬)ひたすら「子苗」の確保に努めます。
    この時期、いちごの炭疽病や害虫に注意します。

  • 8月
    8月

    (上旬)ひたすら「子苗」の確保に努めます。
    (中旬)ハウスの中は連日40℃近くに。暑さに負けず、苗の「葉かき」をし、苗の本数を確保していきます。
    (下旬)病気や虫の予防のために薬剤散布を週1回行います。

あき【花がつく ハチが飛ぶ】
  • 9月
    9月

    (上旬)「親株」と「子株」の切離し。人間でいえば、親離れの時期。自立して自分の根っこで生きていくことになります。
    (中旬)「花芽」の誘導期。この時期の気温しだいでいちごの収穫期が決まってきます。気温が低いと、収穫が早まります。
    (下旬)農業は自然まかせのところが。日々、天に祈ります。「気温、下がってくださいね」って。気温が高いと収穫が遅れてしまうからです。

  • 10月
    10月

    (初旬)「花芽」の分化を確認。花芽(果実)に栄養がいくように株を太らせていきます。台風の心配な頃です。
    (中旬)病害虫の予防と防除に努めます。
    (下旬)株が太ってきます。でも、まだ「花」は見えません。

  • 11月
    11月

    (初旬)ハウスの温度も下がってきます。保温の準備を始めます。
    (中旬)やっと待っていた「花」が咲き始めます。さぁ、「蜂」たちの出番です。「いちばん果」の花が咲きます。
    (下旬)悪いダニを食べてくれる天敵もハウスに入れます。

ふゆ【「いちばん花」の実がなる「寒いちご」収穫の頃】
  • 12月
    12月

    (初旬)花の「摘花」作業です。小さい花は摘みとります。大きい花に栄養がいくように。「でかほっぺ」成長中。
    (中旬)この頃からいよいよ「収穫」を目指します。
    (下旬)「でかほっぺ」続々と収穫期です。

  • 1月
    1月

    (初旬)収穫量が増えてきます。寒さがいちばん厳しくなる頃、じっくりと、時間をかけて、赤くなって、おいしさがはちきれます。
    (中旬)ヘタまで赤くなったいちごだけの収穫。「完熟寒いちご」のおいしさを、楽しんでください。2番果の花が咲きます。
    (下旬)寒さが厳しく、暖房費もいちばんかかる頃。

  • 02月
    2月

    (初旬)1番果の収穫は終り「2番果」の収穫に入ります。でかほっぺよりは大きくなりませんが、「大玉」が収穫し始めます。
    (中旬)まだまだ花が咲き、蜂の活躍が続きます。

はる【「いちご摘み」始まる】
  • 3月
    3月

    (初旬)陽射しが春めいてきます。いちごの株が伸び始めます。3番果の花が咲きます。(中旬)「いちご摘み」の準備を始めます。
    (下旬)「いちご摘み」スタートです。「3番果」が実ります。来年に向け、親株の手入れを始めます。

  • 4月
    4月

    (初旬)「いちご摘み」ご案内、3番果の収穫で大忙しの毎日です。
    (中旬)あちこちでいちごの溢れる頃です。保存用のいちご摘みに入ります。
    (下旬)この頃から「冷凍保存用」のいちごの収穫です。ここでも、真っ赤ないちごだけの収穫です。親株を増殖させ始めます。

  • 05月
    5月

    (初旬)ゴールデンウィークには大勢のお客さまが。「いちご摘み」ラストスパート。
    (中旬)もう、今年もいちご、たくさんいただきました。シーズンの終りです。
    (下旬)いちごの状態、虫などの状態で収穫の終りを決めます。